2015年06月09日

ポリマーストック取り付け

we ドラグノフへのストック取り付け作業、あまり写真も撮っていないので簡潔に。
ストック側にあまりスペースが無いのでフレームの干渉部分を削る方向で加工。

金鋸で直角に切ってからヤスリとリューターで細かく調整、アルミは柔らかくて加工が楽で良いですね。
残っていたトリガーガード後ろの△の部分も削り擦り合わせ完了。

ストック側は先端の飛び出た部分のカットとフレームと固定するためのネジ穴付近が少し高めなのでリューターで高さと幅の調整。
取り付けは付属のビスで一本止め、結構ガッチリ固定出来るので取り敢えずこれでいいかな。

取り付けると隙間が空いていたので金属パテを盛って、軽く硬化したらカッターで切って形成。

その後仮組

地元のレンジに持って行って試し打ちしたものの明らかに初速も出てないので要調整、まぁ箱開け無調整だししょうがないかな。

取り付けた感想はアルミフレームだから出来た力技でDX版のスチールフレームでは工業機械でも無いと取り付けは無理だなといった感じ。

次回は木製ストックの取り付けを書こうかな。  


Posted by カナブン at 09:27Comments(0)

2015年06月05日

なんとなく

ドラグノフの実物木製ストックとポリマーストックを手に入れたのでWEのGBBに取り付する際の加工や擦り合わせなど書いていこうかなと。

上から実物木製 S&T木製 実物ポリマー WE純正ポリマーの順。
最初はCAのSVDに取り付けようかと思っていましたが、買う前に似た構造のa&kのSVDをらバラしたところ取り付けが構造上不可能なのでWEに取り付けることに。

このストック細身な上に微妙にアシンメトリ、モーターが入る余裕もないのでRSからポリマーモデルが未だに出ないのは実物を加工し装着が出来ないからとか?

ぱっと見の感想はこんな感じです。  


Posted by カナブン at 03:54Comments(0)