2017年02月24日

E&L AKMレシーバーにZhukovストック取り付け。


E&LのAKMレシーバーを手に入れたので、正直中身外観共に今一なLCTから乗り換えようかなと移植して見た。

取り敢えずストック部分に固定用のパイプがあるのである程度の長さで切ったら後はひたすらルーターで削ること一時間ほどでこの通り。

養生テープでレシーバーを保護しながら加工しましょう。
普通のビットでは歯が立たないのでアマで安く売っているタングステンビットがオススメ。

ぱっと見は擦り合わせが終わったようだが。

まだ2mmほどレシーバーとギャップがあるので取り付け金物の下側を削って調整。

あとは固定用の金物の作成とスリングベイの加工かな、今回はここまで。







Posted by カナブン at 16:42│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。