2018年05月27日

私のアンチョコ。

3Dモデルを作る際の私のアンチョコを紹介します。

最近はGoogleで簡単に図面が手に入るのでいい時代になりましたね。
レールの寸法は参考にする際正確なスケールが取れるので特に便利ですね。
因みにkeymod の図面は。

そもそもインチで書かれてる上に、key加工が糞めんどくさいですね。
レプリカが形だけの物が多いのも納得の面倒くささ。
それに対してm-lokは。

これだけです、もっと詳細な図面もあるかも知れませんがこれだけで充分わかります。
マルイがm-lok推しなのも納得の作り易さ。

次はmod.Mのハンドガードでも作ろうかな。





Posted by カナブン at 01:39│Comments(3)
この記事へのコメント
こんな図面、どうやって探し出すのですか? ググったりするのでしょうが。
Posted by 根無草根無草 at 2018年08月22日 21:50
Googleの画像検索で探してます。
画像検索で実用新案図面?さえ見つけてしまえばあとは関連画像で芋づる式に見つかりますよ。
M4のレシーバーの寸法からAKのガスブロックの構造まで、便利な世の中になったもんです。
Posted by カナブン at 2018年08月22日 22:48
なるほど。画像検索ですか。挑戦してみます。
ACOGのベースとか、89式のマウント部とか、知りたいのです。
Posted by 根無草ガイア根無草ガイア at 2018年08月23日 23:23
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。