2017年09月30日

e&lメカボにg&g ETU組込み

AIMSの外装が完成したので中身を弄った。

丁度g&gのETUが売り出してたので組み込んで見た。
まぁ結論から言うと取り付けはできるがポン付は出来ないよ!

干渉する部分を削ってもまだメカボが浮くのでよく見てみるとビスが突き出して干渉していた。

ユニットとの擦り合わせとは別にビスの部分を削ってやればメカボがしっかり閉まります。
ほかに注意点は専用のカットオフレバーの取り付け方くらいかな?
ユニットを嵌めた後にユニットのスイッチを押しながらレバーを下げた状態にしておく事、上がったままだとカットオフが検知できないので注意。

あとe&lのセレクターギアだとセミが効かなかったので試しにcymaのセレクターギアセットに変えたら直った。

セミ検知用のスイッチまでの引きしろが足りないのかな?

ETUを入れるついでにシム調整とパーツ交換。
以前買って放置していたZCのハイトルクモーターにベベルと逆転防止ラッチを次世代互換に。


ETUの感想としては18:1ギアなのに恐ろしくセミの切れが良い、3セルリポでもバーストする事なくセミが撃てます。
撃った感じはARESのEFCSに似てるかな?
一応リポ用に電圧監視機能も付いてるようで電圧が下がると撃てなくなります。

まぁ最低限の機能付きの電子トリガーシステムって感じですね。
値段はエントリー価格、組込みスキルはある程度必要みたいな感じ。
組込みの手間を考えたら最初からver3互換を謳っているjefftronやASCUのが着けやすいし機能もあるのでオススメかなー。

  


Posted by カナブン at 04:41Comments(0)

2017年09月27日

e&l ak104の解体。


zhukovハンドガード付けたり、ultmakハンドガード付けたりしたけどもリテーナーを切ってしまったので持て余していたak104のフロントを解体してみた。

まぁ金鋸でひたすら切るだけなんですがね。
アウターにギリギリ歯が入るくらいまで削ったら後はハンマーで叩けば外れます。

このままでは使えないのでKTRフロントを用意したので後はこれを付ければ完成かな。

まぁこれLCT用で内径が少し狭いので削ったりしないと付けられない訳ですが。

バレルを詰めてミニドラコにしようかな?
  


Posted by カナブン at 23:31Comments(0)

2017年09月27日

Di OPTICAL FC1 ドットサイト レプリカ

何か新しい製品は無いかなとネットを見てたらなんかダサいドットサイトが売ってたので買って見た。

チャイニーズが作ったオリジナルかと思ったら一応レプリカなのねこれ。
Di OPTICAL FC1 ドットサイト、イオテックくらいの大きさかと思っていたら一回りくらい小さめ。
このタイプに有りがちなミラーコートじゃなくてルビーコートで作りは良さげ。

一応下のスペーサーを外すとローマウントにもなる。
まぁでもこれに合う銃が無いのでどうしたものかな。
  


Posted by カナブン at 12:29Comments(0)

2017年09月22日

小ネタ


cymaのakグリップはチェッカリングが入ってないぞおいと思っていたら。

チェッカリングが無いモデルもあるのね。
てかグリップの黒が何処も売り切れてる!あと2、3個売ってるうちに確保しとくんだった。

家にあったレシーバーから生えて来たAIMSをカスタム中。
レプリカのmoeハンドガードとcymaのultmakレールを装着。
このレール安いし小加工で着くので意外とお気に入り。
  


Posted by カナブン at 23:01Comments(0)

2017年09月09日

e&l akダストカバー青焼き


e&lのダストカバーが今一だったのでパーチウットで染め直したけどそれでも黒みが強くて今一なので青焼きする事に。

真鍮ブラシとスポンジにクレンザーを着けて下地が出るまで研磨して下準備完了、あとはコンロで炙るだけ。

焼き過ぎて元の色に戻ってしまって失敗。

研磨し直して再挑戦、大きいと熱が均一に回らなくて難しいな。

こっちは先に焼き直したセレクター、小さいと温度管理が楽なので難易度低め。

見よレシーバーと合わせてもこの違和感のなさ。

青みを求めるならパーチウットよりも青焼きだな!

  


Posted by カナブン at 12:21Comments(0)